最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年8月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

    講師で変わる

    専門的な知識をつけるのに予備校へ通うことは、案外簡単なことで決めてしまうことがあるかもしれません。例えば、自宅...

    Readmore

    高い語学力が身につく

    予備校で学ぶ英語と聞くと、特に予備校にこだわらなくても英語を学べるのではと思われる人も多いことでしょう。確かに...

    Readmore
苦手科目の克服

生徒を指名する講師

■予備校を選ぶ際に重要なポイント
大学受験は精神的にも肉体的にも大きな負担になるので、受験生にとっては大きな試練となります。
志望校に合格するためには、問題を解くテクニックだけでなく時間配分や集中力など様々な要素を求められます。
受験生の相方的な存在となるのが、志望校合格に向けてサポートし支えてくれる予備校です。
全国に多数の教室がありますが、どこに通うのが最善の選択になるのかと悩んでいる方も多いはずです。
教室の雰囲気や講師陣との相性など、勉強をするのに大切な要素となる場の雰囲気や人間関係もあります。
失敗しない教室を選ぶために、まずは無料体験教室に申し込んで肌で実感をしてください。
口コミや評判も参考にすることが重要ですが、あくまで目安とすることです。
自分で感じたことが一番信憑性が高くなるので他人の意見に左右され過ぎないことが重要です。
そして、最も重要なポイントは苦手科目の克服です。
苦手な個所が理解できなければ成績アップにつながることはありません。
弱点としている科目の解説が分かりやすかったかどうかということも予備校を決めるのに大きな要素になります。
時間とお金を無駄にしない為に、弱点を克服することができると感じた講師に指導を受けることが重要です。

■英語を理解するために、重要な要素
多くの受験生が手ごわい相手として嫌煙している科目に英語が挙げられます。
日本の大学入試の英語問題は学術的な論文を解くので単語も難しいですし、和訳をしても理解するのに時間がかかります。
そのような難題に立ち向かっているにも関わらず、英語を話すことができる学生は少なく苦手意識も高くなっています。
私たちが国語としている日本語も言語であるので、外国で使っている国語を理解すれば無限の可能性があります。
受験の為のツールと捉えるのではなく、就職をしてからも活躍のチャンスが広がるという意識を持つことが重要です。
予備校では、長文読解の技術をメインに授業が展開されますが、品詞や文型など文を構成する要素を自分で理解していれば、長文読解が容易になります。
言語を学習する際に一番重要であり学習の根幹とされる要素ですが、軽視されがちな分野で正しく理解できていない方も大勢います。
プライドを捨てて、基礎となる分野から再学習する勇気が必要になります。
そうすることで、パズルが仕上がるように連鎖的に次の単元も理解できるようになります。
英語が苦手で行き詰まりを感じている人は、指導者に理解ができるまで質問をしてください。
結果的に成績アップの近道になる可能性が高まりますし、将来的に使える英語の習得ができるところも魅力のひとつです。

オススメリンク

予備校で英語を重点的に勉強したいならこちら:受験英語に強い予備校リスト【東京近郊エリア】

講師で変わる

専門的な知識をつけるのに予備校へ通うことは、案外簡単なことで決めてしまうことがあるかもしれません。例えば、自宅 […]Read more

関連リンク